のり着け〜革貼り

へらを使い器用にのりを塗っていく。薄く、のりが均一になるよう素早く塗っていく様子はまさに職人の技。

折り曲がる部分を計算に入れながら、革の両端をピタリと合わせていきます。

木槌や専用の道具を用いてのり着けした部分を馴染ませていきます。道具も職人によって様々な工夫が凝らされています。

革の接合部分にのり着けを行ない裏革・表革などを丁寧に貼り合わせる

   革の切り出しと革漉き工程を経て各パーツが揃います。次に行うのがのり着けと革の貼り合わせです。最近は革の裏側(床面)を活かしたカジュアルな財布もありますが、micの財布は裏側に革を貼り合わせた高級感のある仕様となっています。

革のヘリにヘラで薄く均一になるよう専用ののりを素早く塗り、裏革や表革を貼り合わせます。この後、木槌で貼り合わせた部分を叩いたり、揉むように押し付けて馴染ませていくのです。革を大胆に打ち付ける様に驚かされますが、その力加減はやはり職人の経験が物を言う世界となります。また、寸分と違わない革の貼り合わせ面を見れば、前項で紹介した職人の手による切り出しの正確性が確認できますね。。

のり着けするための竹ベラです。これ一本でのりを均等に塗っていくにはかなりの経験を要します。こちらの圧着ローラーはのり着けされた面積が大きいときなどに用いられます。

職人の物作り

  • 革の裁断
  • のり着け〜革貼り
  • コバの処理
  • ミシン&手縫い