折り財布VS長財布 財布屋のオススメはこっち!【自由が丘店】

Pocket

こんにちは、mic自由が丘店の星です。

最近涼しい日が続いていたので、突然の暑さに体がついていけません。

やっと夏が来た感じですね。

 

 

自由が丘では、もうすぐ毎年恒例の盆踊り大会が開催されます!

 

 

 

 

盆踊りにしては異例の長さ4日間。

8/1~4日まで、踊って踊って踊ります。

自由が丘駅前ロータリー広場で行われますので、ぜひ浴衣を着て皆様もご参加くださいね♪

 

 

さてさて、本日は永遠のテーマ(?)

「長財布VS折り財布 どちらの方が使いやすいのか問題」を、お財布屋さんが本気で考えてみました!!

 

 

果たしてどちらに軍配があがるのでしょうか・・・

双方のメリット、デメリットを挙げたうえで決めていきたいと思います!↓

 

 

 

 

 

 

◇もくじ◇

1 長財布のメリット

2 長財布のデメリット

3 折り財布のメリット

4 折り財布のデメリット

5 結論

 

 

 

 

 

長財布のメリット


 

 

写真の財布)グレージングヌメ ラウンドファスナー長財布 ¥17,280

 

 

メリット1:お札が折れない

風水的にも、お札が折れるのは良くないと耳にしたことがある方も多いかと思います。

お財布はお金の「家」になるので、住む環境は快適な方がいいですよね。

その点でお札が折れない長財布は金運UPにも繋がると言われています。

 

 

 

 

メリット2:沢山収納できる

お札、小銭、カード すべての物を1つにある程度の量まとめたいとなると、やっぱり長財布になりますよね。

それぞれ別々に持ち運ぶのが面倒な方にはおすすめです。

 

 

 

 

メリット3:1アクションで全てにアクセス

形にもよりますが、大体の長財布は一度お財布を開くと 小銭、お札、カード すべてを見ることが出来るので、お財布の向きを変える必要がなくお会計がスムーズです。

お会計の時間を少しでも短縮したい方は長財布の方が向いていると思います。

 

 

 

 

 

長財布のデメリット


 

 

 

 

デメリット1:かさばる

ミニバッグが流行っている昨今、長財布はミニバッグの敵ですよね。

長財布しか持っていない人は、ミニバッグを持ちたいけどバッグにお財布が入らないから持てない!というケースも。

実際にそういった理由で折り財布を求めて来店されるお客様が非常に多いです。

 

 

 

写真の財布)グレージングヌメ ヒップポケットL型ファスナー長財布 ¥15,120

 

 

デメリット2:エイジングにムラが出やすい

革財布ならではのデメリットですが、いつも触るところが限られてくるため、綺麗にムラなくエイジングさせるのが結構難しいです。

私も実際にヌメ革の長財布を使っていたことがありますが、どうしても真ん中からお色が濃くなっていきました。

お財布にもよりますが、綺麗にエイジングさせたい方はケアをしっかりとしてあげることをおすすめします。

 

 

 

 

デメリット3:失くす確率が高い

これは男性が特に多いと思うのですが、折り財布と比べてポケットに入れていると落としたり、スリに合う確率が高いです。

ポケットからはみ出てしまうので当然ですよね・・・

しかも長財布は全てを1つにまとめているので、失くした時の損害が非常に大きいです。

くれぐれもポケットに入れる方はお気をつけ下さい。

 

 

 

 

折り財布のメリット


 

 

写真の財布)グレージングヌメ 三つ折りミニ革財布 ¥8,640

 

 

メリット1:コンパクト

一番のメリットはこれではないかと思います。

バッグを選ばず、男性ならポケットに入れてさっと持ち運びでき、重さもありません。

持ち運びに非常に便利です。

 

 

写真の財布)グレージングヌメ ヒップポケット革財布 ¥17,280

 

 

メリット2:エイジングしやすい

革財布ならではのメリット。

ポケットに入れる方の多い折り財布は、長財布と比べてもエイジングが早いと思います。

女性の場合でも、お財布全体に触れることが出来るため綺麗にエイジングが進みやすいです。

 

 

 

 

メリット3:流行っている

今空前の折り財布ブームが到来しています。

普通の折り財布よりも、更に小さいミニのタイプが特に流行っていますよね。

小さめのバッグが男女ともに流行っているので、流行に敏感な方は折り財布を持っていた方がコーディネートに困りません。

 

 

 

 

 

折り財布のデメリット


 

 

写真の財布)エンボス スーパーコンパクト札入れ ¥6,480

 

 

デメリット1:容量が少ない

長財布と比べるとどうしても収納量は劣ります。

普段からたくさん物を持ち運びたい方には不向きです。

 

 

 

 

デメリット2:お会計がもたつく

1アクションで お札、小銭、カード 全てを取ることが出来る折り財布は少ないのではないでしょうか。

お財布の向きを変えなければならないことが多いので、その分お会計に時間がかかります。

 

 

 

 

デメリット3:お札が折れる

折り財布を使っていたらどうしても避けられないのがこれ。

新札が一瞬で折れるのは何度経験してもなんともいえない気持ちになります(笑)

 

 

 

 

 

結論


 

 

甲乙つけがたいですが、財布屋が選んだのは・・・

 

 

 

 

折り財布!!!!

 

 

折り財布にもデメリットはあります。

ですがそれを上回るメリットがあると思います。

 

 

写真の財布)左:エンボス ジャバラカードケース(小) ¥5,940 右:エンボス コンパクト札入れ ¥9,720

 

 

折り財布は容量が少ないので、足りない分はカードケースや小銭入れとの併用も必要になってきます。

それを別で持ち運ぶのが面倒な人・・・はい、私もそうでした。

 

 

折り財布を使い始めてからカードケースを別で持つようになりましたが、折り財布とカードケースの重さを足しても、長財布ほど重くありませんし幅も取りません。

そして、不要なときにはカードケースを家に置き、折り財布のみで持ち運べるためとても便利です。

 

 

 

 

長財布を使っていたころは全て1つにまとめたくて、あれもこれもと長財布に入るだけ入れ込んでいたため、パツパツで型崩れしまくりの悲惨なお財布になっていました。

ですが折り財布に変えてから、少しでもスッキリさせたくて余分な物、いらなくなったレシートなどを自然と整理するようになったんです。

結果、お財布を綺麗な状態に保てるのですごく長持ちします。

 

 

そして今や折り財布のデメリットを補うような商品も沢山出ています。

 

 

例えばこちらのお財布↓

 

 

 

 

カンガルー 極小札入れ ¥16,200(税込み)

小銭入れを開いた時、同時にお札も取り出せるんです。

長財布同様、お財布の向きを変える必要がないのでお会計がスムーズ。

お札も緩やかに折れるため、ミニ財布特有の変なお札の折れ方をしません。

ある程度の収納力があるのに、手のひらサイズのコンパクトさ。

 

 

実際に私も同じ形のお財布を使っていたことがあります。↓

スタッフが実際に使ってみた!7【自由が丘店】

 

 

ずっと長財布一筋だった方も、ミニ財布ブームに乗り、折り財布に挑戦してみるのもいいかもしれません。

きっと折り財布の使いやすさ、便利さに驚くと思いますよ♪

 

 

勿論、長財布の方が使いやすい方もいらっしゃると思います。

ただこの記事をきっかけに、色々なお財布にチャレンジしてくださる方が増えたらとても嬉しいです。

 

 

まだ出会えていない、相性抜群のお財布があなたを待っています。

micでは沢山のお財布を取り揃えて、皆様のご来店を心よりお待ちしております♪

 

 

 

 

 


micオンラインストアは画像をクリック↓↓

 

 

 

Instagram!↓↓

 

 

mic 自由が丘店
■住所:東京都目黒区自由が丘2-9-15 ユレカビル1F
■電話:03-6421-1196
■営業:11:00~19:00
■定休:水曜日
■URL:詳しくはこちら>>

 

 

 

 

0