初めてのレザーケア

革製品を使う理由。それは長くずっと使っていけるから。 そのためには定期的なケアをして、より革を長持ちさせましょう。長く使えばより愛着も増してきます。

簡単なレザーケアで、お気に入りのアイテムをより長くお使い頂けます。

難しそうで、面倒そうな革のお手入れ。じつは結構簡単です。お手入れのタイミングも、財布や小物なら2か月に一度くらいのペースでケアをすれば十分です。長く使ってエイジングさせるのにも、定期的なケアが肝心です。ここではレザーケアの基本をご紹介いたします。

なぜレザーケアが必要なの?

革は乾燥するとひび割れたり、シミができやすくなります。

革は乾燥するとひび割れたり、
シミができやすくなります。

革も人間の肌と同じで動物の皮膚です。革の状態でも水分があり、ケアをしないと次第に乾燥していきます。乾燥してしまうと、曲げたときにその部分がひび割れてしまったり、部分的にシミができやすくなってしまいます。
それを防ぐためには、定期的な革の「保湿」「養分の補給」が肝要になります。

Point!「定期的な保湿と養分の補給」

レザーケアの基本

1~2か月に一度、下の3つのステップのケアをしてみましょう!

Step.1

汚れ落とし

革表面のホコリ・汚れを落とし、クリームの効果を高める準備をします。

【使うケアグッズ】

ミニホースブラシ

ステインリムーバー

ミニホースブラシ

ステインリムーバー

Step.2

保湿・養分補給

お好みのクリーム・オイルなどで水分と栄養分を与えます。

【使うケアグッズ】

アニリンカーフクリームなど

デリケートクリーム

アニリンカーフクリームなど

デリケートクリーム

Step.3

仕上げ

クリーム・オイルを乾かしてから仕上げに革表面を磨きます。

【使うケアグッズ】

ポリッシングコットン
ストッキング

ポリッシングコットン
ストッキング

Step.1 汚れ落とし

革表面、マチの隙間などについたほこりを柔らかい馬毛のブラシで落とします。

ステインリムーバーを布にとって、革表面や毛穴に入り込んだ汚れを除去して、新しく塗るクリーム・オイルを浸透しやすくします。

Step.2 保湿・養分補給

ケアクリームを少量取って布になじませて薄く塗り広げます。一度に大量に付けずに薄く、何度か繰り返すとムラなく塗ることができます。

デリケートクリームの場合は、指に直接取って塗っても大丈夫です。素早く塗り広げられます。

Step.3 仕上げ

ケアクリームが乾いてなじんだら、ポリッシングコットンで革表面を磨いて完了です。

艶を出したい場合は、ストッキングのような目の細かい布で磨くとより艶が出やすくなります。

店舗限定 生涯レザーケアサービスのご案内

お買い上げの製品をmicのお店で
無料で何度でもレザーケアいたします。

お買い上げいただいたお品物を長くご愛用いただきたい、そんな思いから誕生したサービスです。micのお店にお買い上げ製品をお持ちいただきましたら、スタッフの手でレザーケアをいたします。料金は無料、何度ご利用いただいてもかまいません。
所要時間は10~15分ほどで完了します。お買い上げ直後のビフォアケアもお承りしております。ぜひお気軽にスタッフにお申し付けください。